ニコチン依存症

 

ニコチン依存症に至るまで

@脳にはα4β2ニコチン受容体があるので
ニコチンが結合することにより快感を生じます。

 

MOUSHIKOMI

 

 

 

Aタバコを吸うとニコチンは肺から血の中に入っていきます
そして脳まで流れます。

 

MOUSHIKOMI

 

 

 

Bα4β2ニコチン受容体にニコチンが結合すると、
ドバミン(快感を生じさせる物質)が放出されます。

 

MOUSHIKOMI

 

 

 

Cドバミンの放出により、もう一度タバコが吸いたい
と思うようになります。

 

MOUSHIKOMI

 

 

 

D2〜4を繰り返すうちに離脱症状があらわれ
イライラなどの症状がでてきます。
それを避けるため喫煙を止める事ができなくなります。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

ニコチン依存症

 

 

 

【ニコチン切れの症状】

 

禁煙を始めると、集中できなくなったり、不安を感じたり、イライラしたりなどの
離脱症状・禁断症状が現れます。
禁煙治療や禁煙の薬はその症状を軽くしてくれます。

 

 

ニコチン切れの症状

 

  • 不安を感じる
  • 落ち着かない
  • 集中できない
  • タバコが欲しくなる
  • 欲求不満
  • 気分が落ち込む
  • イライラ
  • 食欲が増す
  • 寝つきが悪い
  • 眠っても途中で目が覚める

 

 

 

禁煙し始めはこれらの症状が強く表れますが、
次第に治ってきます!
離脱症状などが強い場合は死にたいなどと思うようになる場合もあるので、
酷い場合はすぐに医師に診てもらいましょう。

 

 

 

 

 

↓↓禁煙成功率ダントツ!話題のチャンピックス↓↓

MOUSHIKOMI